起業・独立のしかた教えます 銀行融資・資金繰り手伝います 〈 「中小企業支援」 事業資金・運営資金のための法人融資・銀行融資・資金繰り・資金調達 / 無料相談 〉

独立・起業のコツ教えます!融資確率をあげます!資金繰り手伝います!

 

NPO法人ってな〜に?

NPO法人ってな〜に?

NPOという言葉は、もともとアメリカで生まれた言葉です。一般には公益的な活動を自主的・自発的に行う民間団体のことを指します。
NPO法人」とは、特定非営利活動促進法(NPO法)に基づき法人格を取得した「特定非営利活動法人」の一般的な総称です。
NPO法人として認められるには17分野の活動に限られています。当社は、14番目の「経済活動の活性化を図る活動」を目的に東京都から認可を頂きました。

 

NPO法人 起業家になりたい(旧 NPO法人融資研究会) 代表理事 纐纈博康 私がご相談にのり、あなたの独立・起業・道しるべになります!

私がご相談にのり、あなたの独立・起業・道しるべになります!

NPO法人 【起業家になり隊】
(旧 NPO法人融資研究会)
代表理事 纐纈 博康
経歴
小森税理士事務所勤務後、小久保税理士事務所にて法人税務及び融資相談・法人設立担当し、その経験を生かしH17年特定非営利活動法人融資研究会(現『起業家になり隊』)を設立。そして現在にいたる。

ご挨拶

私は、税理士事務所の所員として、30年間近く顧問先から税務・会計・会社設立・融資・資金繰りの相談を受け、サポートしてきました。

以前から事業融資・銀行融資・資金繰りの相談・サポートを多数抱えていましたが、税理士事務所の所員としての職務では相談に対応できない案件もあり、何とか事業融資・銀行融資相談が気軽に受けれる組織を作りたいが組織を作れば経費もかかるため何か良い方法はないかと考えていた矢先、営利を追及しないNPO法人のあることを知り、NPO法人『起業家になり隊』(旧NPO融資研究会)を設立致しました。

長年、中小企業様の事業融資・銀行融資・資金繰りのサポートを通じて感じたことは、「会社経営者が正しい会計知識・情報に乏しい」、「会社の運営・資金繰り・融資の判断などの経営者としの判断行動が緩慢」そして「金融機関側(銀行)の融資担当者の力量によって事業融資・銀行融資の実行や資金の融資金額が、大きく左右されてしまう」という事です。

私自身、銀行から受ける融資のための書類作成に慣れ、融資の実績がつくにつれ、顧問先以外の会社経営者や新規開業者などから相談をお受けすることが多くなりました。その融資業務の中で「世の中には融資・資金繰りに不慣れな経営者が本当に多い」ということを痛感致しました。

私は、「バブルの時代の融資」、「安定化資金の融資」、そして「貸し渋り時代の融資」と様々な経済状況の融資手伝いをしてきましたが、その中で思ったことは、資金を貸す金融機関(銀行)は毎日毎日融資事務を行っているので、融資ノウハウはかなり高度なものであり、また融資を受ける者に対して融資番号を付け、経営者の経歴・経営方針・資産状況・経営状態・返済能力データーベースに密に蓄積されているので融資情報はばっちりです。

 それに対して、融資を受ける経営者側は無防備で融資に望み、理論武装なく、きちんと事業計画書もなく、伝える言葉もなく・・・・。それなのに金融機関は簡単融資してくれると思い込んでしまう・・・・。はっきり言ってしまうと、知識のない経営者が金融機関(銀行)に自己流で融資を申込しにいくのは、「裸の赤子が鎧兜を着けた荒武者に戦いを挑む」というくらい無茶なものなのです。

私は、これからを踏まえて、もうすでに企業家になられている方は勿論、れから事業を起こす起業家、SOHO、野望は在っても融資が受けられず大きくなれない企業家の皆様に私の融資経験・知識・蓄積している融資ノウハウを惜しみなく提供し、融資を通じて日本経済に活力と社会教育の推進を図っていくことを目標とします。また「起業」を夢見る若い経営者に正しい実践的な融資教育を行うことにより、「次世代の日本」を築くことに貢献することを目的にし、『起業家になり隊』を広めていきたいと思います。 まずはお気軽に無料相談にお問合せ下さい。じっくり融資にむけてがんばりましょう!